report

人を結ぶ企画、企画を育てる場、場を生む人

「しののい まちの教室」スタッフの福田です。

全12回にわたって「場の継続」についてのレポートをしていく第12回目。
今回は2013年最後となる12月21日の午後に行われた授業の内容をレポートします。

デザインディレクターとしてさまざまなプロジェクトを進めている萩原修さんをお招きして、プロジェクトと場の関係性、地域と場のつながりについてお話していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前半は萩原さんのこれまでの生い立ちや、プロジェクト、仕事のスタンスなどを教えていただきました。
人見知りだという萩原さん。でも人見知りは周りに知っている人がいないと生きづらいから、逆に知り合いをいっぱいつくらなければいけないと話します。
知り合いになるために話をしてその延長線上で仕事やプロジェクトが生まれていく、萩原さんのやりたい仕事のスタンスを生みやすいぴったりな性格だと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作物のようにプロジェクトを育てる
自分ごととしてのプロジェクトがしたい。そう話す萩原さんの大事にしてきたのが「プロジェクトファーム」という形。
やりたいと言う人だけが集まり、同じ方向を目指し、作物を育てるようにゆっくりと着実にプロジェクトを育てていく感覚で進めているそう。
今およそ20個のプロジェクトが同時進行しているという萩原さん。一つひとつ仕事を片付けていくのではなく、プロジェクトファームという形で進めているからこそ、そういう状態になったのかなと思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品を買いに来ないでほしい店
萩原さんはいくつか場をつくられているのですが、店舗という形が多いと思います。その理由は、お金を稼げるからではなく、人が集まる場、誰でもはいれる開かれた場をつくりたいと考えた結果だと言います。
置いてある商品はあくまで話のネタであったり、その場を広告するためのものであって、買ってもらわなくてもいい。それよりも、店員さんと話をはずませ、新しい何かと出会ってもらい、また来るね!と言ってもらえる場であってほしい。
そういう想いで出来たのが、僕も先日お邪魔した「つくし文具店」や「国立本店」、「西荻紙店」などの場なのかなと思い、今回スタッフでつくったお店「ten」で店番をしてみて同じような気持ちになったこともあったので、より親近感が湧いてきました。

地域とのつながりと場の継続
人や場と地域のつながりについては、前の職場を出て10年ほど意識して活動してきた萩原さんでも、最近ようやく何かわかったような気がする程度だと言います。
それほど時間をかけないといけないテーマであるからこそ、地域とつながるための場や企画を継続させていくことは重要なんだなと思いました。
東京にしがわ大学の話では、継続していく方法として

● 新しい人が入ってこられる環境をつくること
● 誰でもやっていける仕組みにすること
● 続けていく覚悟がある人が1人は絶対いること

などが出てきました。
ゆっくり気長に待てる人や大きい受け皿でどんどん更新して行ける団体が地域に入っていくにはぴったりなのかなと思いました。

話を聞いているうちに萩原さんのゆったりとした雰囲気とプロジェクトへの想いがリンクしていき、”自然体”という言葉が浮かんできました。
全部自分のこととして、自分のやりたいこと、楽しいことを織り交ぜつつプロジェクトを進めていく姿勢があるから、無理をしている感じがない。そんな萩原さんだから、いろんな人が安心して関わっていけるプロジェクトがつくっていけるんじゃないかと感じました。

20131221012_04

最後の集合写真では、萩原さんとじゃんけんをして負けた人が一番前の列に座るという、萩原さん流の方法で整列して恒例の「しののい~!」の掛け声でぱしゃり!
楽しく授業を終えることができました!

(しののい まちの教室スタッフ 福田真享)

===

萩原修(デザインディレクター)
1961年生まれ。武蔵野美術大学卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONEを経て独立。つくし文具店、コド・モノ・コト、かみの工作所、中央線デザインネットワークなどのプロジェクトを推進。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」など。