report

笑顔から派生すること

「こもろ まちの教室」の午後の授業。
最初から最後まで、笑顔の絶えない授業でした。
講師はスマイルコンシェルジュの、たきれいこさん。
名前の真ん中に「きれい」が入っているだけに、本当に素敵な方。
授業が始まる前にちょっとだけお会いしたのですが、
背筋伸ばして目を開いて話さなきゃと思わせるぐらいのオーラ。
久しぶりにあんなに目がキラキラしてる人を見たんです。

20141025017_01

今回の授業では、たきさんから「笑みトレ」

自分の顔や声、そして心もより豊かにするための方法を教えていただきました。
授業はお話を聞くだけのものではなく、まず自分の顔チェックから始まり、
実際にトレーニングをしていくんですね。

20141025017_02

20141025017_03

20141025017_04

これがですね、かなり難しかったんですよ。

くちびるを弧を描くように回すとか。
割とを全力で顔を変形させるのですが、思うように顔の筋肉が動かない、できてない。
いかに自分の顔筋が乏しいかを知ることになりました。
顔の筋肉がいかんで、二重あごやほほのたるみなどにも影響します。こわいですね。
授業が終わる頃には今まで体験したことのないほどの顔筋のつかれがありました。
しかし特に女性にとっては有益なものだと確信。
もうね、本当にこの授業に来なかった人もったいなかったって思います(笑)

20141025017_05

授業もね、なんだか楽しかったんですね。

笑顔がそこらへんにあふれているわけです。
笑顔というのは人との距離を縮めるわけで、教室の中でも同じことが起ってたんです。
先生が笑顔だから自然とみんなも笑顔になる。
隣の人の顔を見合わせて、また笑顔。
顔体操むずしいようっていいながら笑顔。
授業が終わったあともみんな笑顔で家路に着く。
とっても気持ちのいい空気が流れていました。
やっぱり笑顔ってすごいです。
自分が笑うと相手も笑う。
それが嬉しくてまた笑って、心があったかくなる。
本当に素敵な循環しかないことに気づきました。

20141025017_06

20141025017_07

また大切だと思ったのは、笑顔になるきっかけを自分で作っていくということでした。
あいさつやお礼、ささいな気配りもそう。
相手の日常を少し明るくするような。
温かい内面と振る舞いがあるからこそ、人との距離が縮まったり
心地のいい暮らし、大きく見たら充実した人生につながっていくかなと思いました。

この授業に参加した人たちが、
それぞれのまちで今後どんな日々を送っていくのか楽しみです。

20141025017_08

(まちの教室スタッフ 吉本博美)

===

たきれいこ(スマイルコンシェルジュ)
神奈川県鎌倉市生まれ/慶應義塾大学文学部英米文学科卒/日本顔学会会員。笑顔を連鎖させる独自の「笑みトレ」をもって企業研修や講演活動で全国をまわる。トークショーやイベント司会としても活動し、FM局のラジオ番組にもゲスト出演。エキサイトが運営するWEBサイト「キレイスタイル」での連載はじめ、笑顔や美にまつわる情報を発信中。朝日新聞、「クロワッサン」、「美STORY」などでも取り上げられ、CMでは田村正和氏と共演。プライベートでは24歳の長女、16歳の双子の三女の母。近日、たきれいこのブランド『kireikosmile』(キレイコスマイル)がデビュー。