class

【終了】好きなまちで、自分らしく暮らす −移住した人・したい人が語らう場「京都移住茶論」に学ぶ「大門商店街移住計画」−

京都移住計画
京都で暮らしたい人の想いをカタチにする、移住応援サイトです。
世代や立場などの枠を超えた仲間が集う「コミュニティや居場所」
歴史と伝統はもちろん、学生や革新の街ならではの「仕事やはたらき方」
見直される町家暮らしから、シェアハウスなどの新しい「住まいや暮らし方」
そして、実際に移り住んだ人たちの「声」などを、届けています。

京都移住茶論
IターンやUターンといったかたちで、京都に移住してきた人同士や京都在住の方との交流の場です。それぞれが移り住んだ物語を語る事で仲間が作れたり、中のひとと外のひとが出会う事で生まれるアイデアの種を、みんなで一緒に育てたりします。
今回は、「京都移住茶論」の取り組みを通して「好きなまちで、自分らしく暮らす」ことについて、参加者参加型のサロン形式で授業を実施します。

授業名/好きなまちで、自分らしく暮らす −移住した人・したい人が語らう場「京都移住茶論」に学ぶ「大門商店街移住計画」−
定員/30名
開催日時/2015年5月23日(土)16時00分開始(15時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/えんぱーく(長野県塩尻市大門一番町12-2)
講師/タナカユウヤ(京都移住計画)・まつおかさち(新潟移住計画)
授業コーディネーター/山田崇(塩尻市役所企画政策部企画課シティプロモーション係 主任/nanoda 代表)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20150523029_teacher
写真上:タナカユウヤ(京都移住計画)
1984年生まれ。滋賀県出身、京都在住。現在、京都への移住を支援する「京都移住計画」を中心に、京都の町家を活用した起業支援施設「京都リサーチパーク町家スタジオ」の館長として起業やスタートアップのコミュニティ支援を行う。今後、地域やものづくりの分野で「人と人、人と場のつながりを紡ぐ」事業を考えている。

写真下:まつおかさち(新潟移住計画)
1986年生まれ。新潟県出身、長岡市在住。京都在住時、京都移住計画メンバーと出会い、つながる中で、出身地である新潟県での移住者応援を行う「新潟移住計画」を立ち上げる。中越防災安全推進機構が実施するイナカレッジインターン生。

授業コーディネーター
20150523029_coordinator
山田崇(塩尻市役所企画政策部企画課シティプロモーション係 主任/nanoda 代表)
1975 年塩尻市生まれ。千葉大学工学部応用化学科卒業。「地域の課題を想像て捉えるのてはなく、実際に住んてみないと商店街の現状・課題はわからない」と、地元塩尻の”大門商店街”に空き家を借り、可能な限り閉まってしまったシ ャッターを開ける。そんな空き家/空き店舗を活用した「空き家から始まる商店街の賑わ い創出フロシェクト nanoda(なのだ)」を 2012 年 4 月より開始。「公務員か元気なら、地域は絶対元気になる」と、その熱に巻き込まれたメンバーと共 に、nanoda を拠点に多様な活動を実施。人と人、人と地域をつなげる。2014 年 1 月「地域に飛ひ出す公務員アウォート 2013」大賞を受賞。TEDトークでの動画「元ナンパ師の市職員が挑戦する、すごく真面目でナンパな「地域活性化」の取組み」が話題に。