class

【終了】誰のためのケンチク? オルタナティブスペース×都市デザイン

建築家でありながら、横浜市の都市デザイン職でもある野田恒雄さんを講師にお迎えする今回の「まちの教室」。福岡での「冷泉荘」や「紺屋2023」等の建物再生の企画・運営の実績を携えての都市デザイン業界、しかも公共の立場での参画。活動の場に横浜市を加えてどんな取り組みを企てているのでしょうか。そんな野田さんにお話を聞きします。大門商店街の散歩つきです。

授業名/誰のためのケンチク? オルタナティブスペース×都市デザイン
定員/50名
開催日時/2015年5月23日(土)14時00分開始(13時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/えんぱーく(長野県塩尻市大門一番町12-2)
講師/野田恒雄(建築家) 
授業コーディネーター/石井健郎(塩尻市教育委員会)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20150523028_teacher
野田恒雄(建築家)
1981年京都生まれ、滋賀育ち。横浜市都市デザイン室都市デザイン専門職(兼職)、no.d+a(number of design and architecture)代表、建築家TRAVELERS PROJECT事務局、TRAVEL FRONT主宰。東京都立大学(現首都大学東京)工学部建築学科小泉雅生研究室卒業、(株)青木茂建築工房を経て、2005年 no.d+a設立、2014年から現職。

授業コーディネーター
20150523028_coordinator
石井健郎(塩尻市教育委員会)
nanoda副代表 奈良井宿・木曾平沢などの歴史的都市・集落の整備を担当。1968年埼玉県生まれ、東京藝術大学大学院美術研究科終了、同年より現職。