class

【終了】放送局勤務 塩原幸雄さんから学ぶ、体験的テレビ論

地元塩尻市からテレビの世界へ目指したきっかけから放送局入社までの話から、バラエティー番組制作の現場での様々な経験を通した「体験的テレビ論」を展開します。 実際にどのようなプロセスで番組が成り立つのか?プロデューサーとディレクターの違いは?ADって本当につらいの?などなど、経験者しか話せない“リアルな”テレビの世界をお話しします。
ゲストAD:楊莉奈さん(よう りな)

授業名/放送局勤務 塩原幸雄さんから学ぶ、体験的テレビ論
定員/30名
開催日時/2015年11月22日(土)13時00分開始(12時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/グレイスフル塩尻13階・地域交流センター(長野県塩尻市大門八番町9-10)
講師/塩原幸雄(株式会社テレビ東京勤務)
授業コーディネーター/山田崇(nanoda代表)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20141122020_teacher
塩原幸雄(株式会社テレビ東京勤務)
1974年長野県塩尻市生まれ、1999年早稲田大学教育学部社会科学専修卒業後、テレビ東京入社。 制作局で様々なバラエティー番組を演出・プロデュースした後、現在はスポンサーセールスを絡めた番組企画を提案。様々な新しい枠組みの番組企画を成立させている。

授業コーディネーター
20141122020_coordinator
山田崇(nanoda代表)
「公務員が元気なら、地域は絶対元気になる」と、その熱に巻き込まれたメンバーと共 に、nanoda を拠点に多様な活動を実施。人と人、人と地域をつなげる。 「地域に飛び出す公務員アウォード 2013」大賞を受賞。 TEDトーク「元ナンパ師の市職員が挑戦する、すごく真面目でナンパな「地域活性化」の取組み」が話題に。
http://logmi.jp/23372