class

【終了】ちゃんと悲しむ、ちゃんと見送る

Leave a comment

「人が亡くなった後のケア」は誰がするのでしょう?悲しむこと、できていますか?社会の中には悲しむことが認められていない人も存在します。この講座を通して死別悲嘆について共に考え、親しい人を喪った方の悲しみへの寄り添い方を見つめ直します。そして、残された人々が「ちゃんと悲しみ、ちゃんと見送ることの大切さ」「社会の中での関わり方」についても考えていきたいと思います。

授業名/ちゃんと悲しむ、ちゃんと見送る
定員/35名
開催日時/2013年10月19日(土)10時00分開始(9時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/まちの円居 食の団欒 丸十(長野県長野市篠ノ井布施高田845-1)
講師/飯島惠道(東昌寺 住職/NPO法人「信州地域社会フォーラム」理事)
授業コーディネーター/岡澤慶澄(金峯山長谷寺 住職)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20131019007_teacher
飯島惠道(東昌寺 住職/NPO法人「信州地域社会フォーラム」理事)
長野県松本市出身。信大医療短大、愛知専門尼僧堂、駒沢大学大学院修士課程終了後、諏訪中央病院にて看護師として勤務。最終勤務病棟は緩和ケア病棟。2000年より東昌寺にて法務に従事。2011年より住職となる。

授業コーディネーター
member_04_l
岡澤慶澄(金峯山長谷寺 住職)
1967年長野県出身。1974年、7歳にて出家得度。1992年、総本山智積院智山専修学院卒業。35世代目住職として「祈り・学び・遊び」を通じて、観音の心を分かち合っていきたいと願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。